2018 2017
2016  2015 2014
2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 
2005 2004 2003




 

羊年・B型・さそり座
48歳で童話を書き始め
54歳で単行本デビュー 
75歳に至る
京都府在住
日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ




たまごまごまご  

11/14

 
うちのねこと仲間たち A
 11/16

うちのねこと仲間たち @ 



シロップ(メス)

2013・7月生まれ

はてな(オス)

2014・5月生まれ

あんどら(オス)

2016年1月生まれ







日本児童文芸家協会
日本ペンクラブ
日本サービスドッグ協会
日本ライトハウス盲導犬訓練所
ハッピーハウス
木下サーカス
SONIC
野忽那小学校
日本熊森協会
工房スイーピー



★個人リンクは相互リンクで
★一年以上更新がない場合は
いったんリンクを外させてもらいます
★広告掲載が 目立つものは
リンク不可です

日本児童文芸家協会つながり
(順不同)
うさこのひきだし
風雲童話城
ピッポ・ポおはなし村
光丘真理のホームページ
River Angel’s Site
金亀苑
どじょう日記
ささきあり、今日もいい日
サッカとザッカ
雲の行き先
森川成美の創作日記
北川チハル
深山さくら


創作つながり

はりねずみが眠るとき



             
              2019 年(令和元年)
12月


12月7日(土)「うーがからのうれしい写真」
★棚に出した地おいさ名来るスマスグッズですが、たぶんこうなるだろうと思っていました。
それでも飾ってみたところ

やっぱりね

ひっくり返っても、大事ないのですが

じょうずに倒さずにチェックしています

証拠写真を撮っておこう

くるりと一周回って

小さな人形には勝と思ったのか、

はじき落とし始めました

あーあ、落っこちた

しあらくするとあきました

飾り直したところ、おや、はてなも
カメラを向けたら

あわてて飛び下りました

★白菜と豚肉の煮物に、しいたけとにんじんを入れました。
煮物というか、汁ものです


水菜のぬか漬けの古漬けを
ちりめんじゃことwpゴマ油で炒めました
ピリ辛な味付けです

みじん切りにすればよかったです

 
★「空、めちゃきれい♪ ピンク」というメッセージと共に、うーがから夕焼けの写真が送られてきました。わたしが空や、雲や、夕焼けを好きなのを知っているからでしょうか。うれしいな。
一斉に赤になった信号もいい感じです

テストが終わり
ママとお買いものだったんだよね

深夜、「やっと片付けたよ」とリビングの写真が
3枚送られてきました。いろいろな角度から撮られています
リビングには、物が、あふれにあふれていたのですが
うーががひとりで片付けたそうです

「テストが終わったら片付ける」
といっていたのですが、これはすごい!
家具の位置も少し替えていて
完璧です♪



12月6日(金)「クリスマスの飾り」
 
★朝は、ストックおかずの繰り返しです。
のどぐろの練り物だけは、今朝、煮ました


お供えの焼き芋のお下がり
パサついていたので、おかゆにしました

正解でした。パサついたのは
蒸かさずに、電子レンジでチンしたからかな

★今年もクリスマスの飾りを作ろう。雪玉をいっぱい作るつもりが、
目をはなしたすきに、こんあ感じに

しかたがないよね

次は、布とぼたんと、それから

土台は、かまぼこ板を二枚津つなげて

出来上がりは、こんな感じに

飾りの麻ひもの輪っかは

ねこの爪とぎから

千切れていたものを失敬しました

友人からのカードも
虎屋の空箱にはって、押しピンに
引っかけました

材料費0円


★ストーブの上にいた、はてなに耳、まるでねずみのようです。来年はネズミ年です。年賀状のことは、まだ考えられません。

昨年の12月のように、だんどりよく
年を越せるかな


12月5日(木)「さみしい玄関」 
★今朝は、とろろご飯です。 お好み焼きに入れたヤマトイモの残りだったので。
黄色くなったのはとろろに対して黄味の量が
多かったから


最初はノリを振って

最後は、納豆、もずく、とろろをみんなまぜて
ぶっかけごはんにしました。スルスルと喉ごしがよく
おいしかったです

10時のおやつは、おもち

りんごとバナナの豆乳ジュースも
毎朝飲んでいるし、この夏減らした体重は
じわじわ増えています
★白い小さなふくらみ、もしかしたら蕾かな。 


すみれも2輪咲いています

それらにしげしげと目を止めるぐらい
今年は、地味な玄関まわりです

パンジーは、何株も植えたのですが

うまく根付かなかった……


★天井にてんとう虫が止まっています。どこから入って来たのでしょう。 


12月4日(水)「お好み焼きばっか」
 
★先月、ジュンク堂の高木さんが読み語りで紹介していた写真絵本です。
昭和の女の子。わたしとかぶります。が
わたしは76歳になりました。この子、公子ちゃんは
小さいときのまま、アルバムの中に

留まっています……

きちんと整理されたアルバムのコメントは
愛情あふれています

この一家は全員
原爆の犠牲になったのです。アルバムは
幸せな日々を生きていた証

まだまだ続くはずだったこの子たちの未来は

一瞬に消えてしまったのです


公子ちゃん、おんぶのねこちゃんは
なんていう名?

★午後3時、急にで書けることになりました。出かけるころは小雨が降っていました。 
が、本格的には降らずに

やさしい夕暮れ


行きのバスは、今日も
身動きできないほど混んでいたのですが
帰りは、座れました

★晩ごはんは、朝焼いたお好み焼きの残りです。朝3枚焼いて、昼にも1枚食べ、晩にも1枚。

キャベツたっぷり、たまごも多め
山芋も、天かすもいっぱい入れたよ


12月3日(火)「野鳥柄の前掛け」
 
★かやくごはんを炊きました。 


ピーマンとキクラゲ、チリメンジャコの炒め たん
味付けは島原納豆味噌

牛肉とゴボウの炊いたんとともに
ストックおかずです

★網戸にしてほしいと催促するのは、シロップ。 でも、ガラス戸をあけたとたん、他の子がとんできて、シロップは逃げてしまいます。
スペシャル席は床の上、A席は、椅子の上
あんどらとはてながゲットしたあと、シロップを
抱き上げて天井桟敷へ

外の気配は、今から春までのお楽しみ

★この前掛けは、赤坂台の福祉バザーで買ったものです。沢田の母が庭いじりの時に使っていました。足首まであって、軽くて暖かいので、たまに使っています。モスリンのような風合いです。
今まで気がつかなかったのですが
水辺の鳥たちの絵柄です

クラシックな絵柄だと眺めつつ
見覚えがあると思いました

明治生まれの祖父が着ていた
長襦袢や、羽織の裏地と柄行が似ています
 
男物の長襦袢か、羽織の裏の
リメイクだったのかな

祖父は年中和服で
冬はマントを羽織っていました
外出時には、夏はパナマ帽、冬は中折れ帽を
被っていました。身代はすでに傾いていたのですが
子どもだったわたしが見ても、身なりは
いつもキチンとしていました


12月2日(月)「雨です」
 
★今月こそ、ほぼではなく、完璧に毎日歩こう……と思っていたのに、2日目にもう挫折です。
昨日植えたチェッカーベリーには
恵の雨です
 

光も、雨の恵みもなく
それでも成長しているのは、さつまいものヘタ

けなげで、かわいいです

根も張っています

紫芋だとは、もうわかりません

★「児童文芸」12・1 は、「児童文学塾 デビューへの道」です。「沢田さんのデビューの体験を書いてください」と依頼があり、
「作家になるための魔法はあるのか」と題して
体験を検証してみました

魔法はあるのでしょうか

これから書き手を目指す人たちへ
先にプロになった人たちからのアドバイスや
ノウハウ、とっておきの奥の手などが
この一冊に詰まっています

ページを繰りながら
日本児童文芸家協会」の作家育成の
姿勢を、再確認しています

会員でなくても購読できます

★ストーブをつけると、ねこが上にのっかってきます。 はてなの場合、体が大きいので、はみでています。


前足で、ストーブを
抱えるようにのっかっています


ばあさんのひざの方が、らくだにゃあ

って、重いよお

あんどらも重いよお

ふわふわ軽いシロップが心を許しているのは
こたつだけ


 
12月1日(日)「天秤にかけているもの」
 
★昨日〆切だった「たまごまごまご」の冊子用の原稿が、滑り込みで一気に届きました。どれもいい作品です。チェックして返送するのに、朝の4時までかかりました。冊子にするには、編集もしなければなりませんが、まだ届いていない人もいます。いやはや……。爆睡していた朝7時、うーがから電話がかかりました。ここ半月、モーニングコールは、うーがからかかっています。成長を感じ、うれしいです。
しゃべっているうちに目が覚めたので
起きました。お風呂に浸かり、体をほぐして
ストックおかずで朝ごはんです

そして、また眠りました

睡眠不足は、体が持ちません

★午後からは、テスト前のうーがに差し入れにと出かけたのですが、バスは超満員。叡電の八瀬の駅も駅の外まで乗客が並んでいました。わたしの中では、紅葉の季節は終わりだったのですが、まだこんなに混んでいました。
午後2時すぎは、ピークだったのかも

荷物があるので、歩くわけにもいかず
次の電車を待ちました

壁のポスターはクリスマス

★帰りは歩きました。出町柳の「ふたば」は、長蛇の列。店の前だけでは処理できず、信号を渡った向こう側にも、列の続きができていました。「黒豆大福」大当たりです。それに比べ、別の和菓子店に」はひとりも客がいません。期間限定で発売が今日までという和菓子をお供え用に買いました。
しっとりした煎餅に
かたく練ったあんこが挟んであります
ごく薄い仕上がりです

焼き印は、紅葉の他に
シーズンごとにいろいろあって
クリスマスツリーも

★帰りは叡電の一乗寺で下車。パン屋さんに寄りました。ここの店のサンタ―アンダーギーが、ふわふわで、カリカリ♪なのです。が、毎日は売っていないのです。たまに寄るのですが、何回も、「今日は、作っていません」で、のぞいただけで帰ったこともあります。が、他のパンもおいしいことが、わかったので、急いで帰ることもない今日、寄ってみました。
ありました、サータアンダーギー

ベーグルを半分に切って
4種類のチーズかけて溶かしただけのパン
……いえいえ、「だけ」ではないです。チーズの相性が
バツグン。また買に行きたくなるおいしさです

ワインといっしょに食べたあと
なんと、また眠ってしまいました
眠った時間を取り戻さないと

睡魔とクリアーできていないあれやこれやを
天秤にかけてバランスをいるような危うい毎日なのに
12月になるとするべき別のあれやこれやが、のっかかってくるので
その状態を想像するだけで、すでに気忙しいです



沢田俊子著作紹介


単行本

盲導犬引退物語
講談社青い鳥文庫

近刊


犬の車いす物語
講談社青い鳥文庫


もっともっと、速くなれる


;l
新日本出版社
     

 
助かった命と、
助からなかった命

Gakken


めざせ
スペシャルオリンピックス
世界大会!

文研出版
 
目の見えない子ねこ、
どろっぷ
                     
講談社

青い鳥文庫
盲導犬不合格物語
講談社


さとうきび畑の唄

改新版
ノベライズ
原作遊川和彦
汐文社

クマに森を返そうよ
  「MyEPSON」会員でお買い物されると、ポイント還元などの特典をご提供!
汐文社 

イエローカードは 
ぼくらの旗印

京都新聞
出版センター

小さな島の小さな学校
 
汐文社

七頭の盲導犬と
歩んできた道
写真 野寺夕子
学研教育出版


とんがり森の魔女
講談社

スペシャル・ガール
:
汐文社
引退犬命の物語
小山るみこ 絵
学研


おしゃべりな毛糸玉
小泉るみこ絵
文研出版



シャイはどこへ行った?
ノンフィクション
創作
汐文社



誰よりも
ママを愛す
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
命の重さはみな同じ
野寺夕子写真
ノンフィクション
学研
  ぼく、がんばったんだよ
ノンフィクション
汐文社
とらちゃん つむじ風
長谷川 知子絵
創作物語
文研出版
行こうぜ!サーカス
ひろのみずえ絵

ノンフィクション

創作物語
汐文社
盲導犬不合格物語
ノンですフィクション
学研
さとうきび畑の唄
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
アイディア料理は
風太におまかせ
なかにしけいこ絵
創作物語
汐文社
おじいちゃんと
ぼくのがんこ合戦
岡野淳子絵
創作物語
汐文社
ひいばあちゃんはごきげん
ぼくはふきげん
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
まんざいでばんざい
ひのもとはじめ絵
創作物語
学研
はちゃめちゃ大家族
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
灰色バス変身大作戦
長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社
モモイロハートそのこリュウ

長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社


    
アンソロジー一覧


雑誌掲載一覧


新聞連載・記事



教科書・教材

公募入選歴