シロップ(メス)

2013・7月生まれ

はてな(オス)

2014・5月生まれ

アンドラ(オス)

2016年1月生まれ







羊年・B型
さそり座(てんびん座という説も)
48歳で童話を書き始め、54歳で単行 
本デビュー。74歳に至る
京都府在住
日本児童文芸家協会会員

たまごまごまご  

11/9


             
災害応援コーナー
 

2017 12/1

今、わたしにもできること




とんぼのいろはがるた

2017更新


メールはこちらから






日本児童文芸家協会
日本サービスドッグ協会
日本ライトハウス盲導犬訓練所
ハッピーハウス
木下サーカス
SONIC
野忽那小学校
日本熊森協会



★個人リンクは相互でお願いします★一年以上更新がない場合は、いったんリンクを外させてもらいます★広告掲載が 目立つものはリンク不可です

日本児童文芸家協会つながり
(順不同)
うさこのひきだし
風雲童話城
ピッポ・ポおはなし村
光丘真理のホームページ
River Angel’s Site
金亀苑
どじょう日記
ささきあり、今日もいい日
サッカと雑貨とパリの話
雲の行き先
森川成美の創作日記
ぴあのの小箱
北川チハル
深山さくら


創作つながり

はりねずみが眠るとき

ご縁つながり
Atelier Scarlet 
 (順不同)







         




2017 年(平成29年)12月

12月10日(日)「比叡山登山」
★バス停周辺の落葉収集でした。すごい量なんです。

30分ほど参加して、途中で抜け
比叡山に登りました

★えいでんハイクというものがあるのを、叡電の車両をチェックしているときに、知りました。今回は、八瀬松尾坂から比叡山へ―霊峰の古道を歩く―。もう350回になるようです。
健脚者向き。12キロとありますが

前にひとりで登ったことがあるのですが
そんなにハードではなく、結界や地蔵などあって
神秘的だった……のですが

途中休むことなく登り続けます
小休憩ははありません。各自適当に
取るのだそうです

石ころの上の落葉は、滑ります

松尾坂は、急な登り坂でした
きらら坂は急な降り。かなりハードでした
ハイキングではなく登山です

苔むした石塔の向こう側は崖です

崩れそうな足場……

どうやって、石を積んだのでしょう

中腹から、雪

足元が滑ります

わたしはストックがあるので、だいじょうぶでしたが
ストックのない人がほとんどで

みんな、すたこら歩いています

かなりベテランの人たちのようです
集団行動ではなく、自由な登山です。昼食場所も
バラバラで、コッヘルでラーメンを作って
食べている人もいました

寒いので、長いは無用下山しました


写真が撮れるのは、足場のいいところ

追い越されて
ひとりになることもありましたが
矢印があるので、迷うことはありません

きらら坂から梅谷道を下っていると
こちらから登ってくる人たちにすれ違いました

えいでんハイク
200名の参加があったそうです
10時過ぎに出発。戻ってきたのは、2時半でした
よれよれです。お風呂に入って
昼寝をしました


12月9日(土)「早朝の散歩」
★宝ヶ池の回りの道は、レッドカーペット。


階段は眺めただけ。登りません


家を出たときは、真っ暗だった


左から泳いできた鴨が
もぐって、Uターンした瞬間


比叡山は、うっすら雪化粧


枯れ葉も、粧っています


冬ですねえ

近くのホテルのセントラルヒーティングの蒸気です

★ハッピーハウスのカレンダーが届きました。只今販売中です。
ハッピーハウスがどんなところか
どんな支援が求められているか、よくわかります

日替わりペットの写真がかわいいです

2019年度の募集始まっています

★ベランダに越し市が落ちる音がしました。窓際にいたシロップが緊張しています。やっぱり、シカが降りてきていました。
今朝は、豚汁


干物は、自家製です

といっても、塩をして、ラップなしで
冷蔵庫に入れておくだけ


12月8日(金)「そういえば、最近咳込みません♪」
★ダブル土鍋で、朝ごはんの用意です。
おかずの鍋は白菜と豚肉。トーフ、きのこも


仏さまにあげたいので、ごはんは
朝、炊きます。一日置きです

お米がいいので、ごはん
おいしいです♪

★つい、食べすぎます。歩かなければ。そうだ、免許証をもらいにいこう。警察で更新した場合、受け取りまで一か月かかるのです。それまでは、古い免許証に更新中というはんこが押されているのですが、昨日で期限切れ。うっかり。

あ、ゴールドだ♪ 「優良」と書かれています
今まで、主に駐車違反、スピード違反などで切符を切られ
もらえなかったんです。初めてなんです♪

歩いていると、あちこちの庭に

果実が鈴なりでした

みかん、ゆず、八朔、柿はしぶ柿かな

ゆず、しぶ柿、分けてほしいなあ

★カナートの裏の集合住宅の木々が、めちゃきれいでした。

かえでかな

ちょっと得した気分でした

生ものを買ったので、帰りはバスで
観光シーズンも終わったし、お昼時だったので
バス、遅れずに来ました。いい日でした


12月7日(木)「リュックを背負って買い出し」
★散歩を兼ねて、徒歩で行きました。上橋(かんばし)の踏切付近から見た叡電が好きです。夜明け前や、夜に見ると、電車の窓からもれる光が銀河鉄道に思えるんです。

 一両ですが、種類はいろいろあります
パトカー、消防車風なども

叡電の車庫が、修学院にあることを
散歩中見つけました

クレーンを積んだ修理のための車両
デト1000形というそうです

★塩化カルシューム。お持ち帰りご自由にという感じて、使用方法の明記と共に、左京区の土木事務所の前に置いてあります。
凍結防止用です

わたしの住まいの近くのバス停や
橋のそばなどに2袋ずつ、無造作に積んであります
もし道が凍れば撒くようにということでしょう

★キッチンの排水口の水垢をとるのに、使用済みの歯ブラシを使っていたのですが、底まで届かないので、不燃焼でした。100円ショップに水切りネットを買に行ったついでに見つけたブラシたち。使いやすそう♪
青い方を、キッチンの排水口に使いました

長いので、底まで届き、すっきりです
先が曲がっていることで、排水口にぴったり当り
少しの垢も見逃しません

白い方は、お風呂場に
すき間の掃除に向いています

もうひとつはトイレ用にします


12月6日(水)「冷え込みました」
★くり返し作ってストックしているのは、いろいろな酢漬け。レンコン、黒豆、昆布。他には、みょうがやニンジン、ミニトマト、もやし、大根、大豆なども、甘酢に漬けてストックしておき、少しずつ食べています。

野菜スープ、最後はカレーにしました

★「たいせつなものをまもるには、ほねがおれる」と後の扉に書いてありました。
産業廃棄物収集車なんだ
興味津々

調べました
安田産業。なんだかうれしいです

★灯油を買いに行きました。重い……。18リットルは約14キロだそうです。車を駐車場の坂の途中で止め、先にタンクを下しました。ガソリンスタンドで積んでもらう時にも、運転席の後ろに替えました。その方が、下ろすときに十数歩近いからです。
運びながら考えました
持てなくなったら、容器を二つにして
半分ずつ入れてもらおう

1476円でした。高いのか安いのか

高いのは、わたしの好きな湯加減。最初
43℃ぐらいで入り、浸かっているうちに冷めてくるので
追い炊きをして、45℃にします。危険?
わかっているのですが……

今日は一日家にいたので3回入りました
冷え込んだ日は、お風呂がごちそう

12月5日(火)「とんびに襲われる」
★宮下恵茉さんの人気シリーズ『きみと、いつか。』(みらい文庫)の最新刊―ひとりぼっちの放課後―をご紹介します。胸キュンとひとことで言うけれど、中学生が男の子(女の子)を初めて好きになるって、こういうことなんだよね。恋のライバルとして莉緒と智哉の間に現れた楓先輩。(信じていいの? ほんとうに?)っていう気持ち、わかる、わかる。疑えば、疑うほど、あやしいんだよね、智哉と楓先輩の行動。
きっと、わたしよりも……。智哉の
応援団の青いハチマキの行方が気になる中
お、やってくれるやん♪ 楓先輩

シリーズに登場するカップルはみんな
年齢に合った爽やかなお付き合いをしているので
いいな、いいな。応援したくなります

もっと知りたい方
ここをクリックしてみてね。それにしても
次々すごいよ、宮下さん♪

★午後2時。そんなにおなかは減ってないのですが、前から気になっていた店先に、オードブルセットのランチの看板が出ていたので、散歩の途中、休憩がてら寄ってみました。荒神橋の「パッション」という小さなレストランです。
ごぼうのスープ。これが? 斬新♪
スプーンですくって飲むというより食べるスープ
ごぼう大好き。熱めの温度も好みです

今日は風が冷たいので、ぴったりです

このムール貝、フランスのモンサンミッシェルから
空輸で届いたそうです

当たり外れがあるそうですが
今日のムール貝は、当りだそうです
納得のおいしさでした♪

ちなみに、モンサンミッシェルのムール貝
手軽にゲットできそうです

他に、鯛のカルパッチョ
ローストビーフ&きのこ、フランスパン付きで
1100円。お値打ちです

ワインも、白をお代わりしました

★鴨川には、いろいろな野鳥がいるのですが、今日は、群れでいました。

シラサギがこんなにいるのを初めて見ました

一斉に木立から舞い上がったのは雀です

とんびも大空に群れていました
と、後から頭を、前から腕を突かれました
パンの入ったビニール袋を下げていたからだと思います
毛糸の帽子をかぶっていてよかったです
急降下して襲うのです

もしかしたら、年寄りだと思って
襲われた。パンの香りだと思いたいよお


12月4日(月)「食欲があるのは、ありがたいのですが」
★作りおきのスープを、今朝はトマト味のパスタスープにしました。
素材は同じでも、味は全く別です

セロリもニンジンもグッドに変身

★何かの折に、東京の仲間にもらったハンドクリーム、使い切りました。このあとハサミで切って、かかとにもすりこみました。こまめに使っていたので、今年は指先の指紋も消えずに、すべすべの手で過ごすことができました。新しいハンドクリームは、京都在住の仲間から、半年も前に、プレゼントしてもらっていました。
この冬、使わせてもらうね
いい香りは、幸せな気持ちにしてくれます

★時たまチェックしたグッチのホームページがメルヘンチックで楽しいので、紹介したくなりました。いわゆる「インスタ映え」のする洗練された写真ばかりです。
不可思議感もして

物語が生まれそうな一枚も♪
グッチの公式ホームページの「ストーリー」を
クリックしてみてください

今日は、一日デスクワークでした
食欲が盛り返してきたので、三食きちんと食べても
間食せずにはいられません

ナッツ類、チーズ、めざしなど
次々つまみながら、トマトジュースをお代わり
りんご、柿、みかん。ついにワッフルやぬれおかきに
手を出し、鮭でお茶漬け。もう止りません
これは間食ではなく、一食分です

一日五食になるのも、時間の問題です


12月3日(日)「名残の紅葉」
★転居した友人は、炊飯器を小さいものに買い換えたのですが、小さくてもごはんが炊きるまで1時間はかかるというのです。「土鍋なら、早く炊けるよ。それにシャトルシェフもおすすめ」。友人の引っ越し祝いに、城崎に一泊して、カニを食べにいくことになっていたのですが、「カニよりも、ごはん用土鍋とシャトルシェフの方がいい」というので、近くの店に見にいきました。気に入った大きさがなかったので、どちらもネットで買ってもらうことにしました。うまく買えたかな……。
今朝の朝ごはんは、夕べから
シャトルシェフで仕掛けておいた野菜スープ
手間いらずでおいしい♪

トマト味にしたり、カレー味にしたりします

出来上がる前は、こんなです

ガスで沸騰させたら、あとは鍋を保温しておくだけ

これでも調理中で

バスタオルの中は土鍋

★今日こそは集中しようと思っていたのですが、うーがのママから電話があり、鹿ケ谷の元修道院の公開が今日までなので、見にいかないかと誘われました。うーがは、部活だそうです。
和中庵。今はノートルダム女学院の所有

あと一週間前なら、紅葉も楽しめたのですが
その頃は、人、人、人だったでしょう

となりの霊鑑寺も拝観しました

山の斜面がお庭になっています

展示されているお道具のあれはこれやは
お雛さまのお道具とほぼ同じです

岡崎の「ニューサパー」
入り口が素敵なので、入ってみようということに
昼は喫茶、夜はサパークラブ?

それにしても暗い

西尾八つ橋

にしんそばを食べました

ママと別れ、バスを待っていたら
雄也くんがやってきました、一時中断していた
電動車いすサッカーを再開したそうで
今から練習に行くそうです

社会人になって一年
素敵なおとなになっていて、会話も弾みました
それにしても、バスが来ません。すっかり陽は落ちました
40分遅れで来たバスは、超満員

混んでいる中、バスの運転手さんが降りてきて
「遅れたので混んでしまいました。申し訳ありません。すぐ後ろに
次のバス来ています。連絡を入れておきますのでしばらくお待ちください」
とグッドな対応でした。車いすに理解のある世の中に
少しはなったのかな

バスの中から見た大きな満月に感動
バスを降りたら、お月さまは比叡山の向こう側に
おいでまして、見えませんでした

外に出たおかげで、今日もいい出会いが


12月2日(土)「びっくりしました」
★ぬいぐるみで、現場検証中です。実際に網戸の外の窓枠に座って、外を眺めていたのはアンドラ。もっと窓は開いていました。
え、うそお! そこは外だよ。だめ、だめ!
あわてて引きずり入れたのですが

なぜ、そんなところにいるの?

こんなことになっていました

たぶん、網戸の外に虫が止まっていて
じゃれているうちに網が破れ、外に出たようです
気がついてよかったです。いつまでも
ドキドキしました

お外に出たら、まいごになるんだよ

無事に保護されたら、背中に
身元がわかるチップが入っているのですが
もし迷子になれば、車にはねられたりサルに追われたり
危険がいっぱいなのです。飼い主の責任です
気をつけなければ

★『ことば忍法オノマトペ』は、第10回日本新薬こども文学賞の受賞作の絵本化です。絵は、いげたゆかりさんです。ご本人から届いたので、改めてご紹介します。

今回は、しかけがあります
リズム感のある童話を、いげたさんの絵が
グレードアップしています

いげたさんは、光丘真理さんの「ぺパンの会」で
童話も勉強中です

★朝ごはんをしっかり食べると、昼になってもおなかが減りません。夕方、早めの晩ごはん。

一日二食で満足です
友人がおみかんを箱で送ってくれました
10個ぐらい食べました


12月1日(金)「なつかしさとは何なのか」
★赤坂台の友人が一戸建てからマンションに引っ越してから早3か月。「一度見に来て」とお誘いがあったので、出かけました。
知人を交えて3人でランチ
お祝のつもりでいたのに、友人が
ごちそうしてくれました

新しい住まいは14階
眼下に広がる景色が絶景です。明るくて
快適そう♪ 安心しました

夫も、赤坂台の家を払ったときに
一時、このマンションに住んでいました。帰宅後
その時の日記をたぐると、7階でした

4月だったので、森はこんなでした

駅前に「だし道楽」の自動販売機が♪

友人が、前に送ってくれたのですが
今日も、買ってくれました

他にも、おみやげあれこれ
手づくりの干し柿や、堺の飴「あるへいとう」も

靖子さんのお母さんからは
CMでおなじみの50の恵。70の恵に
なってくれますように

今朝、うーがに、「赤坂台に行ってくる」というと、「いいな、いいな、うー、なつかしい」といいました。そうか、なつかしいんだ……。ところがわたしは、そういう感情が湧いてこないんです。実際、駅に降りても、心が動きませんでした。30数年も住んでいて、子育てもし、地域とも深く関わってもきたし、親しい友人も住んでいるのに、なつかしくないのは、なぜなんでしょう……? 

わたしは、夕暮れどきに童謡を口ずさむだけでも、なつかしさがこみあげてくる性質なのに……。人は、いったい何になつかしさを感じるのか、帰りの電車で考えました。そして、わかりました。一言でいえば、ここでの過去のできごとや人に未練がないのです。合点がいきました(今も繋がっている人は過去ではありません)。

京都に住んでいながら、京都をいつまでもなつかしく思うのは、過去のできごとや人、町に未練があるからなのでしょうか……。それらの思い出は、負の部分も含めて、心の財産です。こちらも合点がいきました。

★八瀬比叡山口を降りたら、クリスマス色になっていました。

ローカルな感じが切ないです

切ない気持ちで作った夕食は
やはり切ない

豚肉とキャベツだけの焼うどん
塩とガーリックスパイスだけの味付けなのに
おいしすぎ。12月さん、よろしくね





沢田俊子著作紹介


単行本

めざせ
スペシャルオリンピックス
世界大会!
文研出版
 
目の見えない子ねこ、
どろっぷ
 
講談社

青い鳥文庫
盲導犬不合格物語
講談社


さとうきび畑の唄
改新版
ノベライズ
原作遊川和彦
汐文社

クマに森を返そうよ
  
汐文社 

イエローカードは ん
ぼくらの旗印
 
京都新聞
出版センター

小さな島の小さな学校
 
汐文社

七頭の盲導犬と
歩んできた道
 
写真 野寺夕子
学研教育出版


とんがり森の魔女
講談社

スペシャル・ガール
:
汐文社
引退犬命の物語
小山るみこ
学研


おしゃべりな毛糸玉
小泉るみこ絵
文研出版



シャイはどこへ行った?
ノンフィクション
創作
汐文社



誰よ
りもママを愛す
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
命の重さはみな同じ
野寺夕子写真
ノンフィクション
学研
ぼく、がんばったんだよ
ノンフィクション
汐文社
とらちゃん つむじ風
長谷川 知子絵
創作物語
文研出版
行こうぜ!サーカス
ひろのみずえ絵

ノンフィクション

創作物語
汐文社
盲導犬不合格物語
ノンですフィクション
学研
さとうきび畑の唄
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
アイディア料理は
風太におまかせ
なかにしけいこ絵
創作物語
汐文社
おじいちゃんと
ぼくのがんこ合戦
岡野淳子絵
創作物語
汐文社
ひいばあちゃんはごきげん
ぼくはふきげん
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
まんざいでばんざい
ひのもとはじめ絵
創作物語
学研
はちゃめちゃ大家族
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
灰色バス変身大作戦
長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社
モモイロハートそのこリュウ

長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社


    
アンソロジー一覧


雑誌掲載一覧


新聞連載・記事



教科書・教材