2018 2017
2016  2015 2014
2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 
2005 2004 2003




 

羊年・B型・さそり座
48歳で童話を書き始め
54歳で単行本デビュー 
75歳に至る
京都府在住
日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ




たまごまごまご  

11/14

 
うちのねこと仲間たち A
 11/16

うちのねこと仲間たち @ 



シロップ(メス)

2013・7月生まれ

はてな(オス)

2014・5月生まれ

あんどら(オス)

2016年1月生まれ







日本児童文芸家協会
日本ペンクラブ
日本サービスドッグ協会
日本ライトハウス盲導犬訓練所
ハッピーハウス
木下サーカス
SONIC
野忽那小学校
日本熊森協会
工房スイーピー



★個人リンクは相互リンクで
★一年以上更新がない場合は
いったんリンクを外させてもらいます
★広告掲載が 目立つものは
リンク不可です

日本児童文芸家協会つながり
(順不同)
うさこのひきだし
風雲童話城
ピッポ・ポおはなし村
光丘真理のホームページ
River Angel’s Site
金亀苑
どじょう日記
ささきあり、今日もいい日
サッカとザッカ
雲の行き先
森川成美の創作日記
北川チハル
深山さくら


創作つながり

はりねずみが眠るとき

ご縁つながり
Atelier Scarlet 
 (順不同)



             
              2019 年(令和元年)
11月


11月18日(月)「新刊が2冊届きました」
 
★山本省三さんの絵本『もしも恐竜とくらしたら』(WAVE出版)をご紹介します。絶滅した恐竜が、もし生きていていたらと想定した物語です。
恐竜とくらしたら、こんなに
いろいろなことがわかるんだね♪

恐竜のトリセツ。こんなこと
考えたことがある?

各ページの右側に、子どもたちが
体験、発見した恐竜についての知識が
わかりやすくコメントしてあります

ペットとして飼われている恐竜は
ステゴザウルスののテス。なにを食べるのか
背中の板はどんな役目なのか。足の形。歩くスピード
しっぽの役目。泳げるの? フンはリサイクされる?
病気もするの? などなど楽しみながら
恐竜について知ることができます


 山本さん、同時にもう1冊新刊が出ました
それは、あしたご紹介します
創作物語です

★ストックおかずを寄せ集めて、朝ごはん。少しずついろいろ食べられる朝は、幸せです。
かぼちゃサラダは
昨日、うーがのために作りました

鮭は、今朝焼きました。残念ながら、塩辛くない
ふつうの鮭(アラスカサーモン)です

★お昼の連続ドラマを見て、号泣しました。東京で引きこもりだった青年が、いなかの祖父母の元で農業を手伝っています。青年は、山で老人に出会うのですが、その老人は、招集令状を拒否して、山に逃げていたてっぺい兄さん(青年の祖父の兄)だったのです。老人は、短期間で、青年に自然の中で生きるすべを教えます。後日、老人を探しに行った洞窟の中で、青年は、老人の腐乱遺体を見つけるのです。「てっぺい兄さんは、自然の中で生きて、自然に帰っていったんだね」という祖母のセリフに、泣けて泣けてなりませんでした。
シロップが、嗚咽しているわたしの
そばに来て、(どうしたの?)といわんばかりに
顔をのぞき込んだのには、驚きました。 シロップは
日ごろからアイコンタクトと、ちょっとした会話が
できるのですが、人の感情もよめる
……みたいです

心とはうらはらに
何ひとつがんばることもなく
一日が終りました


11月17日(日)「集中しました! わたしでなく、うーが」
★今朝も豚汁♪ ごぼうも白菜も入っています。

そして、みそ漬けのみそも足しました

銀ダラのみそ漬けは、うーがと半分こ

からしめんたいも半分こ。わたしは
毎朝こんな感じなので、完食しましたが
うーがは食べきれませんでした

★朝食後、うーがは、また眠ってしまいました。「1時間ほどして起こして」といわれていたのですが、声をかけても無反応。微動だにしません。若いってそういうことなんだと思いました。
テーブルに広げてある数学の教科書には
「4プロセスT+A」と書かれています。数T、数U……
ではないんだ、ちなみにこんな内容です

わたしは、数学は大の苦手で
わからないままどんどん進んでいって
えらいことでした。うーがは、わからないところは
居残って、「その日のうちに、先生に教えてもらっている」
そうです。塾に行っていないし、その対応
ありがたいね

 
★うーがが集中している間、わたしは昼寝をしました。今朝2時まで起きていて、6時にはもうキッチンに立っていたので、寝不足です。「ばあば、ばあば……」。遠くで声がします。1時間余り、かなり深く眠っていました。が、すぐに起きました。お昼ごはんは、もう作ってあります。リクエストのハンバーグ。バスタもいっしょに煮込んでおきました。
ハンバーグの中には
玉ねぎやたまご、つなぎのパン、牛乳以外に
クルミうやキヌアも入れました

一皿で、手軽にバランスよく

デザートにはキーウイ、冷凍ぶどうの
ヨーグルトと柿

うーがは、最終バスまで
ここで勉強していくそうです。wifiで調べ
パソコンで表を作っていました

植木鉢に
水をやるときに見上げた夕空
 
あっという間に日暮れです

うーがのために録画しておいた
様々な情報を、晩ごはんを食べながら
早送りしつつ、ポイントだけしっかり伝えました
これでやっと録画がどんどん消せる

そして、大きなリュックを背負い
最終バスの一本前で帰っていきました
(最終バスは一時間後)

おつかれさん

お供えのお下がり
八方焼きは、母の好物でした

栗入り金つばも、小豆が粒のまま
美しく光っていて、甘さ控えめで、リピート
したくなるおいしさです。童話塾では、天性寺さんが
参加者全員に、ここの焼き芋まんじゅう
接待してくださいました


11月16日(土)「うーががやってきた♪」
 
★ねこの爪、切ってもすぐに伸びます。こうして、おとなしく切らせてくれるのは、 
はてなだけ。でも、つい先日

切ったばかりなのに
めちゃ鋭くとんがっているのはなぜ?
(危ないので先を切りました)

意識して、観察していたら
落ちてる、落ちてる、脱皮したねこの爪
爪とぎ器や柱のそばで光ってる

ねこは、爪をとぐといわれていますが
といでいるのではなく、外側の古い爪をはがしている
のだそうです。ねこ歴けっこう古いのですが
今まで気づきませんでした

おもしろいので集めています
ねこのひげやブラッシングで抜けた毛を
集めている人もいます

ねこ好きは、ねこのすべてに
愛着があるのかも

★かぼちゃのマッシュもほうれん草も、ストックおかず。
 
久々のからしめんたい♪

★さつまいものへた、たった3日で、こんなに大きくなりました。
日は、全く当たっていないのに
すごいです

うーがが、久しぶりにやってきました
ボーイスカウトのミーティング帰りなので
夜の10時を回っています

ねこたちは遠巻きです。しかたがありません
うーがはどんどん成長しているので、ねこにとっては
知らない人なんでしょう、たぶん

そこが犬とは違います
のんびりやのはてなだけが
だっこさせていました


11月15日(金)「怪メール?」
 
★不要の長物的なケージ。ねこの簡易休憩所にしてみました。ねこは、好奇心旺盛でです。 
すぐにやってきました

「ちょっと、あんた、なんでここにいるのよ」

「えーっと、みたことあるよね、君」

入ったり出たりしています

「おかあちゃ〜ん」

あんどらは、クッションをもみもみ、甘えています

それぞれあいさつが終り
   
ケージは、仲間に入れてもらえたようです

★毎朝、ジュースに使っているバナナですが、半分しか使わないので、すぐに黒くなります。黒くなり始めたら冷凍しておきます。バナナは、冷凍するときに、手のひらで軽く押しつぶしておきます。
そうすると、すぐにミキサーにかけられます

りんごとニンジンのジュースは豆乳で

★めちゃ怖いです、メール! うーがから届いた「今から帰るね」に、「はーい、気をつけてね」と音声で送ろうとしたら、「HA ha I killed 」と表示されました。


どうやら音声が英語入力になってしまったようです
「ハハ(笑い声)、わたし殺された」って、めちゃ怖いです
同時に不思議に思い、とりあえず保存しました

「はーい。気をつけてね」
と手打ちし直して送ったのですが、そのあと
「bye」って文字が、勝手に
送られていました



ハハ わたし殺された

さよなら

ってミステリーすぎる!


11月14日(木)「たまごまごまごの日」 
★さつまいも、最後の一本から芽が出ていました。その部分だけ切って、 
キッチンに置きました

残りは、豚汁にしたのですが

あらまあ♪

ファンタスティック♪
紫芋は、甘くて、温め直しても
煮くずれしない

★「たまごまごまご」の前に、墓参しました。童話塾では、同じ敷地内にいたのに、お参りする時間がありませんでした。
ストックとかすみ草で一対
こさえてもらいました

ござんぞさま
いつも守ってくださってありがとうございます

 
「たまごまごまご」が終わって、軽くカンパイをして、国際会館に着いたら7時前。やっと比叡山に月がのぼってきたところです。 
地下鉄で帰ったからこそ見られた夜景

この時間帯、Rのバスは一時間に一本
比叡山の麓を目指して三宅八幡まで歩きました
ローカルな話ですが、三宅八幡には京都駅発の
Pのバスも来るのです

歩きながら、うーがとおしゃべり♪

ここから八瀬まではふた駅なんですが
軽い上りのうえ、暗いんです

10分ほどバスを待って、無事帰宅

少しぐらいならと、お茶漬けを食べ
 
大好きなおまんじゅうを食べると
再び、食欲が……

そして、睡魔が……


11月13日(水)「おまえも死ぬぞ!(釈尊)」
 
★このインパクトのある言葉は、お寺の掲示板大賞をもらったコメントです。お寺の掲示板には、心に入ってくるものがあって、見つけると、ここでも紹介していました。が、最近、忘れていました。お寺の掲示板大賞があっただなんて、素敵な驚きです。それにしても、「おまえもしぬぞ!」は、強烈です。わかっているのですが、忘れています。たった七文字。深く考えさせられる言葉です。

★早朝の散歩は、いつもとは反対の方向、つまり、八瀬の奥に向かいました。駒飛橋には、 サルの他に、クマ出没の看板も出ています。
駒飛橋の由来

橋の下にある岩は
敵に追われて背水の陣の源義朝が
愛馬に乗ったまま川の向こう側に飛び越えた。その
足場になった岩が川の中にあるのです

橋の下をのぞくと、あるある

すぐ前には、??(かけ)の観音寺

源義朝、源家最高発願寺だそうです

民家の木の枝が

リース状態になっています
 
 
★「今、大丸で、かこさとし展しているよ」とママからメールがありました。ありがとう。でも、初日に行ってきました。
書棚の「からすのパンやさん一家のおはなし」は
うーがたちの預かりものです。トートバッグ付きで5冊セット
会場でも売っていました。こちらは2013年版です

かこさとし展
18日まで、京都大丸で開催中です

 
★なかなかこの瞬間、自分では撮れないんです。「ねえねえ、ごはん」といっています。器にフードは入っているのですが、「だいすきがほしい」と、ねだりにくるのです。
なんとか、撮りました

抱き上げようとすると逃げるのですが

めちゃ甘い声で、こびています

「大好きなんがほしいの?」。「なーん」
シロップとは会話ができます

夕方の散歩、行ってよかった
消えかけだけれど、うろこ雲に出会えました

一足遅れた感はあるのですが

とてもきれいな夕空でした

願わくば、空が見える大きな窓がある家に
住みたいなあ。病院や介護施設、老人ホーム以外で


11月12日(火)「ぺろっちゅっ」
 
★わたしの手をなめているのは、あんどら。
手に乳液がついているからです

いったんなめはじめると
なめたいだけなめさせないと
顔をなめようとします

一生けんめいぺろっちゅっ

この取りつかれた感じ、昔
ねこが行燈の油なめるって、ありうる

★変な肉じゃが。ごぼう入り。というか、牛肉とゴボウとしょうがの炊いたんを肉じゃがにアレンジしました。
 
ごはんによく合います

★ベランダの落ち葉を掃くつもりで、 ガラス戸を開けようとしたら、サルが通っていました。
けっこう大きいです


樹の葉をむしっています


これは、続いて通過中の別の子です

が、群ではないようです。二匹だけかな

室内には、いたずらっこ子
 
住まいの中も外も、ざわざわしています

夕方散歩に行った宝ヶ池には、鯉たち

「イノシシ注意」
「シカにえさをやらないでください」
の看板が立っています

今夜は、満月

比叡山に登ってきたばかりのお月さま
午後七時。ケーブルカーの灯も
いくつか見えています


11月11日(月)「鮭の日、ポッキーの日、電池の日」
 
★漢字のつくり(圭)から鮭、数字の1111からポッキー、電池も、圭が+−を重ねているからだそうです。他にも、下駄の日、おそろいの日、サッカーの日(11人対11人)、箸の日、鏡の日など、全国的に忙しそうな日です。

今朝は、いただいたくわいのポタージュスープで、リゾット。 
くわいは福山の名産なんですね

やさしい味です

りんごの中に妖精がいました
名まえは、「わけありん」。というのは

袋に、「わけありりんご」のシールが
張ってありました

今朝、タイミングよくテレビで
「わけありりんご」を紹介していました
台風の影響を受けたりんごの樹からもいだ
りんごだそうで、買うことが復興支援に
なるそうです。やっぱりね

 
★沢口靖子さんから、東宝のカレンダーが届きました。長年、一月だったのですが、
2020年は、とりの12月です

いつまでも清楚で、はかなげなのですが
今や大御所女優さん

 
★「和歌山に行ってきた」と友人から、みかんが届きました。「いつまで、送れるかわからへんよ」。というのも、みかん農家さんがご高齢になられたからだそうです。
「送れるかぎりは、送るけど」
ずーっと送ってほしいです。欲でいうのでは
ありません。なんとかならないのかな
農家の高齢化……

太陽をいっぱい浴びたみかん

割っただけで房袋がやぶれるほど薄くて
とても甘いんです

高齢化……、ひとごとではありません
おいしさと裏腹に、身に沁みます

高齢化摘み残し増えるみかん山




童話塾の様子、協会のホームページ
アップされました


11月10日(日)「今日は休息日……」
 
★ではなく、八瀬地区クリーンキャンペーンでした。つまり、地区の清掃日です。9時から11時まで、ゆっくり歩きました。八瀬は、わたしが住んでいるところが入り口で、大原に向って細長く延びています。古い地域なので、つながりが深く、年中行事がきちんと行われています。

小さいお子さんから高齢者まで

多くの人が参加しました

幼子のつむじを見ると
うーがの小さいころを思い出します
かわいいな

あじさいも紅葉する?

徐々に気温が下がれば紅葉するそうです
が、、いきなり気温が下がるようなことがあると
紅葉の前に枯れてしまうんですって

★ドアを開けると、空っぽの水鉢の中にあんどら。
帰りを待っていてくれたのかな
ただ、それだけなのですが、かわいい♪


★朝ごはんは、栗赤飯。昨日、天性寺さんが実行委員全員にくださったものです、



りんごは、体にいい
でも、丸一個は食べにくい……
そう思っていたのですが

薄い輪切りにすると食べやすいと知って
試してみたら、ほんと、その通りでした。皮ごと
ほとんど芯まで食べられます。輪切りにするようになって
りんごをよく食べるようになりました



11月9日(土)「童話塾in関西}
★今年も、石神誠さんが協力委員として、看板や配布資料の印刷をしてくれました。 


参加者に配布の資料
今年も日本新薬さんから絵本をいただきました
「日本新薬」の絵本と次回の案内

実行委員手づくりの公募一覧も
文研さんからは、絵本の絵葉書も♪

受付の準備も整いました
 

受付には、こんなかわいいキーホルダーが

石神さん、ありがとう

大きくて重い座敷の襖をはめて
分科会の部屋づくりをしてくれたのは
西村さんと黒田さん

本堂は、分科会Cが使わせてもらいました

少し寒くて、暗かったようですが
天性寺さんが、ひざかけを用意して
くださっていました

わたしが担当の分科会Aみついて

畏れ多くも売れっ子作家の宮下恵茉さんが
アシスタントです。超忙しい中、レジュメのコピーや
情報蒐集のための新聞を準備を
してくれました

新聞は、お話の種を見つけるエクササイズ
に使いました

「ひらめき脳」になるための
6つのエクササイズにチャレンジしてもらいました
その後、童話の続きを考えたり、一枚童話を構想することで
書くことに慣れてもらう試みを。さらに、仲間との合評の
大切さや公募ついて伝えました

「お話の種見つけの散歩」のコツを
伝えた後には、気分転換も含めて散歩の実践

寺町通りの画廊の絵や、民族楽器店などを
覗いて、「お話の種やーい」

参加者15名のうち、1名は欠席
ご家族が骨折でご入院されたそうです
どうぞお大事になさってください

近郊からの参加はもちろん
広島、福山、岡山、愛知、徳島、福井、三重などからの
常連さんと童話塾で会えるのは楽しみです

「童話塾in関西が、熱いと聞いたので」
と東京からの参加者もありました。神奈川在住の
作家さんの参加もうれしいです♪

こんなうれしい現場を目撃しました

昨年の童話塾で合評中の作品が
童話塾に来ていた編集さんの目に留まり、何度も
書き直した末、来春、単行本に♪
楽しみです、とても

今年も来てくださっていた
某出版社の編集さん。童話塾から
どんどん作品が羽ばたきまづように。ちなみに
同じく昨年の童話塾で合評した長編も
来春、単行本に♪

「童話塾in関西」の全体の様子は
「童話塾」のフェイスブックにアップされます
……と思っていたので、アルバムつくらなかったけれど
写真担当の実行委員たちが写していたのは
「児童文芸」用の写真だったのかな

参加のみなさま
実行委員のみなさま
お疲れさまでした

★お土産をたくさんいただきました。 
 
大好きな「博多通りもん」や
だし道楽のナッツや、ママカリも昆布巻も♪
楽しみです。ありがとうごxざいます

 
11月8日(金)「明日は、『童話塾in関西』です」
★参加者のみなさま、京都は快晴ですが、観光シーズンで混雑が予想されます。気をつけてお出かけください。いい勉強会になるように、みんなで備えています。楽しみです。

明日は、会場設営から懇親会まで長丁場になるので、整体に行ってきます。朝はラーメン。そろそろ飽きてきたストックおかずの変化球な食べ方です。

この大きい器で食べると、いちだんとおいしい♪

★整体に行く前に、気になっていたそば処「「司津屋」で、親子丼を食べました。 
ロボットが店員さん?

「トーロクシテ オマチクダサイ」

とロボットが話しかけてくる前に店員さんが
「ロボットに登録してお待ちください」と
伝えるところが、ご愛嬌です

親子丼、とろとろ
いつか、おそばを食べに来よう

 
★青い鳥文庫版の『盲導犬不合格物語』が、新しい帯をつけてもらって、届きました。 
おかげさまで、10刷目になります

どうぶつ大好き、感動がいっぱい
……というのは

いろいろな本が、帯に紹介されています


盲導犬引退物語』も

よろしくお願いいたします



11月7日(木)「朝7時スタート」
 
★朝は、4時か5時には起きて、パソコンに向かっているのですが、7時になると日常が動き始めます。ねこに朝ごはんをやり、うーがにモーニングコールをかけてから入浴。テレビを観ながら朝食です。今朝のNHKの「おはよう日本」で紹介されていたノンフィクション、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)、ちょうど、今、読んでいるところなんです。
作者のフレディみかこさんって
こんなに素敵な方なんだ

エンパシーとは
シンパシーの反対側にある言葉
ひと言でいえは、なんと、他人の靴を履いて
違いを感じてみることなんだそうです

『鏡の孤城』以来、わたしの
読んだ本は、順番にうーがに回しています
ある本が、うーがの心とリンクしたそうで、その思いを
感想文に綴ったといっていましたが、何かに選ばれたそうです
「ばあばが本を回くれたおかげ」ということなので
この本も、早く読んで届けなきゃ


★炊きたての新米に、ストックおかずで朝食。 
おいしく食べました

まだまだ、あるぞストックおかず……

★19時15分〜20時15分の絵本紹介と読み語りの会に参加しました。ここから夜、出かけるのは、たいへんです。京都駅行のバスの最終は18時28分。早やっ! 帰りは、四条河原町発のバスがあるのですが、1時間に1本。
童話塾を控えているので
会が終わると、急いで帰りました
感じが悪かったかも

帰りは、バスが来るのは30分先
途中まで歩きました。この時間のバス
さすがに空いています

夕飯が早やすぎたので
お茶漬けを食べました。かろうじて
お代わり、がまんしました

のどスプレーをしたあと
マスクを着用して寝ました。ここ数日
のどをいたわっています


11月6日(水)「早朝散歩」
 
★うす暗いうちに住まいを出て、宝ヶ池を一周しました。 以前は1時間ちょっとあれば帰って来られたのですが、1時間40分かかりました。歩く速度が遅くなっているのだと思います。それに4回つまずきました。ウインドウブレーカーを羽織っていたのですが、体が冷えたまま、温まることはありませんでした。76歳の晩秋です。

公園の木々はしっかり紅葉しています

今朝はかなり冷え込んでいるので

霧が発生して、神秘的でした

朝日が昇りはじめると、山も色づき始めます


きれいな網目

みんながんばっているんだね

★帰ってすぐに、ミキサーでジュースを作ろうとしたのですが、牛乳を注いだとたん、だだもれ! ゴムのパッキングをはめ忘れたのです。こんなうっかりも多いです。牛乳がなくなったので、豆乳で作りました。、なかなかおいしかったです。
そうだ、豆乳でシチューを作ろう

ストックおかずの派生です

★わたしの手にのっているのは、はてなのしっぽ。これは意思表示のひとつ。
マッサージしてほしいんです

背中はもちろん、耳やおでこも
もみもみしてやります


11月5日(火)「よく歩きました」
★高齢者乗車券、戻ってきました。拾って、届けてくれた男性の方、ありがとうございます。
鈴つきのホルダーの犬は、「見守るくん」
うーがのおさがりです

この機会にと思って、役所に問い合わせました

もし、見つからなかった場合
交番で発行してもらった「遺失届」を持って
区役所に行けば、無料で再発行してもらえます
が、それも1回だけで、2回目紛失時の
再発行はできないそうです

再発行のパスを使用中に
紛失していた最初のパスが出てきた場合は
再発行のパスを市に返すと、初期化。つまり、もし
次に紛失した時、初めての紛失扱いとして
再発行してもらえるそうです

 ふむふむ……


★行きは、散歩がてら下鴨警察まで徒歩で行きました。帰りは、バス。けっこう遠い……。よく歩いたものです。いい季節なので、しっかり歩こうと思います。マンションの入り口に、レモンの樹が一本植わっているのですが、タイミングよくその樹をを植えた人と出会ったので、「まだ青いけれど」といいつつ、1個もいでくれました。

いい香りです
 
「自由にもいでね」といわれても
そうはいきません。またタイミングよく
出会いますように

★昨日から、同じおかずを、くりかえし食べています。すぐに食べることができるので、楽ちんです。しかも、好きなものばかり。
が、食べても食べても減りません

本来なら、うーがに届ける分も
あるからです

冷ごはんにキヌアを入れて
おかゆにしました

おいしい新米にもったいないのですが
チャレンジです


11月4日(月)「刃こぼれ」
★今朝は、太いレンコンを乱切りにしました。けっこうかたかったです。かぼちゃも一口大に切ったし、大根やニンジンなど、かたい物ばかり切ったのですが、何を切ったとき欠けたのでしょう……?
ほうれん草を切るときに気づきました
 
セラミックの刃は白いので、もし
いっしょに煮ていても見つかりやすいと思うのですが
うっかり口の中入ると危ないので、うーがへの
おすそわけはあきらめました

それぞれたくさん煮たので
しばらく食べなくてはなりません

★いわき市の学窓保育さんが、「本が水に浸ったので、送ってください」と、宮下恵茉さんのツイッターに書き込んでいました。うーがの読んでいた本、送りました。すでに知り合いの文庫に送り、あとはお世話になっている京都の某所に差し上げようと思っていました。6月以降、何度も伝えているのですが、一向に取りに来られません。
もしかしたらいらないのかも……

今、必要なところにと思い

いわき市の子どもたちに送りました

★心配事があったので、確かめておこうと思って出かけ、ついでに少し歩きました。 
大原方面からの道路は渋滞です

帰り、狭くて暗い道を歩いていたら
自転車が追い越して、止まりました。「こんばんわ」と
声をかけてくれたのは階下の少年。自転車を降りていっしょに
歩いてくれました。電車でいっしょになった時もそうです
わたしを見つけると隣に座って、おしゃべりに
つきあってくれます

 ほっこりした気持ちで帰宅しました
 
11月3日(日)「たかがバス代。されどバス代」
 
★このところお供えは、栗だいふくや、栗きんとんなど、くりの和菓子ばかりです。今日は、栗むし羊羹です。
栗おこわも、おいしそうだったな

お供えは、お下がりをいただくわたしの
好みに偏ります

★さばのみそ漬けで朝ごはん。
みそ汁は、みそ漬けのみそを
使いました

汁は、白菜、さつまいも、かぼちゃ
ゴボウ、ブロッコリー、大根、豆腐、油揚げと
 具だくさんです

昼には、ほうれん草を足し

夜には、豚肉を加えました

★かぼちゃにもたれて眠っているあんどらを、よく見かけます。
カメラを向けると目をさましてしまいますが

爆睡しています

えびす、二つに切って

半分は、うーがたちへ
前の一個(ダークホース)も、おいしいと
よろこんでいました

高野川

飛び立つサギ

乗車券紛失中なので、敢えてバスに乗らずに
歩きました。どうせ今、めちゃ混んでるし。といっても
散歩ではなく、生活のための歩きです
おっと、12000歩を越えました
 
11月2日(土)「失せ物出てくる」
★すとうあさえさんのシリーズ、はじめての行事絵本の新刊『ぽかぽかゆずおふろ』(ほるぷ出版)をご紹介します。「冬至」を伝える絵本です。幼児目線で描かれています。おとななら疑問に思うことでも、幼児はすんなり受け入れることができます。が、そのラインが難しいです。幼児心理に詳しい幼稚園の園長先生でもあるすとうさんならではのメルヘンの世界で、
心も体もぽかぽかです

「冬至」には、かぼちゃを食べると
風邪をひかないことや、「ん」のつく野菜を
食べると「運」が向いてくること、ゆず湯に入ると
なぜ風邪をひかないかなど、解説に書かれています
こんなことを話しながらいっしょにおふろ
いいですねえ♪


★牛肉は、たっぷりの生姜と玉ねぎと煮て、ほうれん草は、シナチクと和えました。

この連休は、うろうろしないで
(家にいなさい)ということかなと思いながら
朝ごはんを食べました。というのは、昨日出かけた先で
パス(敬老乗車証)を落としたのです
 
★連休明けに再発行してもらうにしても、交番に届けておこうと思いました。どこで落としたのか聞かれたので、答えました。出町柳までは叡電で行って、そこからバスに乗り、下車時にパスを見せました。落としたのは、その後です。どこをどう歩いたのか話すと、婦警さんは、「そんなに歩いたのですか?」と驚いた顔をしました。たしかに、婆さんの歩く距離ではないかも
手続きを終わったあと
パソコンの画面を見ていた婦警さんが
「生年月日を言ってください」とわたしを見たとき
笑顔になったので、(届いてる)と
感じました

やっぱりです♪
親切な人が、届けてくれていました
ありがたいことです

行きは、こんな夕空でしたが

飛行機雲がいっぱい、天を横切っていました

帰りは、真っ暗

比叡山のケーブルの灯りがくっきり見えました
大根やレンコンなど思い野菜を背負って
家まで歩きました

崖で見つけた蔓は
ざっくり巻いてリースにしました
 
 外の気配がするのでしょう
ねこたちがそろって足元にいます


11月1日(金)「咳込み止まりました」
 
★早めの薬が、効いたのかな。耳鼻科の先生に聞かれました。「のどのいがいがと、咳。どちらを先に治したいですか?」。選べません。「のどがいがいがするので、咳込みます」と答えました。「幼児喘息でした」と補足しました。「薬、考えましょう」と先生。調合がよかったのかな。


★テープで押さえていたパソコンのコードを、しっかり止めました。留め具は何年も前に買っていたのを、忘れていました。

もうこけまいぞ、このコード

★なんとまあ、ベネチア旅行のお土産が、届きました。
タコイスブルーベネチアガラスが
とてもきれいです

「このとんぼ玉をとんぼちゃんに」

と思ってくれたそうです

ありがとう、真理ちゃん
うれしいです。いざという時に着けて
お守りにします。本場のオリーブ入りの化粧水も♪
肌がツヤツヤになるそうです

★4時ごろ、大原からやって来たバスは超満員で、積み残しが出ました、「次のバスに乗ってください」って、次は、30分後だよ。叡電に出町柳まで出て、そこからバスに乗り替えました。所用をすませ、帰りは、高野車庫まで歩きました。
少し肌寒いです

群れている鳥と、そうでない鳥

このサギのすぐ上流にいるのは

サギの幼鳥のようです

お母さんサギのあとを追って
下流に向っている子も二羽いました
無事育ちますように

見上げても、どことなく秋


ボーっと歩いていたせいか

大事なものを落としてしまいました
いやあ、落ち込んでいます



沢田俊子著作紹介


単行本

盲導犬引退物語
講談社青い鳥文庫

近刊


犬の車いす物語
講談社青い鳥文庫


もっともっと、速くなれる


;l
新日本出版社
     

 
助かった命と、
助からなかった命

Gakken


めざせ
スペシャルオリンピックス
世界大会!

文研出版
 
目の見えない子ねこ、
どろっぷ
                     
講談社

青い鳥文庫
盲導犬不合格物語
講談社


さとうきび畑の唄

改新版
ノベライズ
原作遊川和彦
汐文社

クマに森を返そうよ
  「MyEPSON」会員でお買い物されると、ポイント還元などの特典をご提供!
汐文社 

イエローカードは 
ぼくらの旗印

京都新聞
出版センター

小さな島の小さな学校
 
汐文社

七頭の盲導犬と
歩んできた道
写真 野寺夕子
学研教育出版


とんがり森の魔女
講談社

スペシャル・ガール
:
汐文社
引退犬命の物語
小山るみこ 絵
学研


おしゃべりな毛糸玉
小泉るみこ絵
文研出版



シャイはどこへ行った?
ノンフィクション
創作
汐文社



誰よりも
ママを愛す
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
命の重さはみな同じ
野寺夕子写真
ノンフィクション
学研
  ぼく、がんばったんだよ
ノンフィクション
汐文社
とらちゃん つむじ風
長谷川 知子絵
創作物語
文研出版
行こうぜ!サーカス
ひろのみずえ絵

ノンフィクション

創作物語
汐文社
盲導犬不合格物語
ノンですフィクション
学研
さとうきび畑の唄
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
アイディア料理は
風太におまかせ
なかにしけいこ絵
創作物語
汐文社
おじいちゃんと
ぼくのがんこ合戦
岡野淳子絵
創作物語
汐文社
ひいばあちゃんはごきげん
ぼくはふきげん
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
まんざいでばんざい
ひのもとはじめ絵
創作物語
学研
はちゃめちゃ大家族
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
灰色バス変身大作戦
長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社
モモイロハートそのこリュウ

長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社


    
アンソロジー一覧


雑誌掲載一覧


新聞連載・記事



教科書・教材

公募入選歴