シロップ(メス)

2013・7月生まれ

はてな(オス)

2014・5月生まれ

アンドラ(オス)

2016年1月生まれ







羊年・B型
さそり座(てんびん座という説も)
48歳で童話を書き始め、54歳で単行 
本デビュー。74歳に至る
京都府在住
日本児童文芸家協会会員

初めてスマホで自撮り

たまごまごまご  

1/11


             
災害応援コーナー
 

2017 12/24

今、わたしにもできること




とんぼのいろはがるた

2018更新


メールはこちらから






日本児童文芸家協会
日本サービスドッグ協会
日本ライトハウス盲導犬訓練所
ハッピーハウス
木下サーカス
SONIC
野忽那小学校
日本熊森協会



★個人リンクは相互リンクで
★一年以上更新がない場合は
いったんリンクを外させてもらいます
★広告掲載が 目立つものは
リンク不可です

日本児童文芸家協会つながり
(順不同)
うさこのひきだし
風雲童話城
ピッポ・ポおはなし村
光丘真理のホームページ
River Angel’s Site
金亀苑
どじょう日記
ささきあり、今日もいい日
サッカと雑貨とパリの話
雲の行き先
森川成美の創作日記
ぴあのの小箱
北川チハル
深山さくら


創作つながり

はりねずみが眠るとき

ご縁つながり
Atelier Scarlet 
 (順不同)







         




2018 年(平成30年)1月

1月16日(火)「フルーツニンジン&セリごはん」
★馬に特化した雑誌、『馬ライフ』(メトロポリタンプレス)2月号をご紹介します。12月号で、『めざせスペシャルオリンピックス・世界大会!』(文研出版)の本と共に、主人公である自閉症の類くんと馬とのかかわりを、取り上げてくださいました。
『馬ライフ』は、魅力的な内容はもとより
写真が、とてもきれいです

馬に関わっている世界中の人たちやその仕事が
物語風に紹介されています

そのひとつに、お約束通り、類くんの絵を
たくさん紹介してくださっています

文章は、類くんのお母さんが書いています

わたしの書いた子ども向けの本がきっかけで
類くんの活躍ぶりが拡散されていくことはよろこびです
吉川健一編集長、ありがとうございます

次号に続くそうです。やさしく
ほほえましい癒しの画風です。病院の待合室
喫茶店などに、いかがでしょうか。類くんが、画家として
羽ばたけますように願っています


★ニンジン大好き♪ 
最近、野菜、特にニンジンは
おいしくなりましたね

野菜のフルーツ化革命……

拍子切りにして
ニンジンごはんを炊きました

これだけでもじゅうぶんおいしいのですが

炊き上がってからセリをたっぷり混ぜました

とたんに春の炊き込みご飯に

セリの根っこはキッチンで水栽培

日が当たらないけど
様子をみてだめだったら、根っこを食べよう
セリは根っこがおいしいそうです

★たまごと牛乳を買いにコンビニに行きました。目新しい商品をチェックしました。おもしろくておいしそうなおつまみ系。
そうか、みんな揚げてあるんだ……

焼売もにんにくも
やみつきホルモンも揚げてから乾燥
と、書かれています

新製品を考える仕事っておもしろそうです
栄養があって、おいしくて、ちょっと変わっている
わたしの頭の中にもいくつかあります


1月15日(月)「ほっと一息」
★トリュフ入りぺペロンチーノのソースですって。ジェノベソース、極上オリーブ油と共に、いただきました。
いい香りがしています

チャーハンに入れてみました

めちゃ旨★★★

キャベツとちりめんじゃこ、にんにくも入れました
(にんにくはソースにも入っています)

★仕事、がんばりました。原稿送り返しました。一段落がついたので、修学院の郵便局まで歩いて出かけました。今日は、暖かいんだ……。裏山には雪が残っていて、部屋の中まで冷え冷えしていて、ストーブが消せませんでした。
物が夕陽に染まっています

てっぺんだけ見えた比叡山も

いつもの蝋梅、蕾をつけています

香は、まだ一向に

★フーデリカ、12月末でクローズしたそうです。おいしかったし、流行っていたので、ほかの理由でしょうか。残念です。
お供えの和菓子
いちごだいふくとよもぎまんじゅう

そのあと、大根やにんじんなどの野菜を買ったので
リュックの中でへしゃげていました


1月14日(日)「今日は0歩」



2月1日発売予定のノンフィクション

『助かった命と助からなかった命

動物保護施設ハッピーハウス物語』(学研)

新刊紹介として、ネットにあがりました


書影はまだですが、
野寺夕子さん撮影の犬とねこがアップされた
オレンジ色の表紙です

どうぞ、よろしくお願いいたします





★細い木の枝に積もった雪が、時折、どさっと落ちて来ます。


もう少し積もれば
机の前にかけているカレンダーの絵のように
なったのですが↓

雪は、そこまで降らずにやみました

夕べから咳き込んでいます
薬を飲んでいるということは、安心感があります
今日は、一日ねこたちと

ぐうだらしていたのですが、しまった!
今日は、うーががボーイスカウトの奉仕活動として
女子駅伝の観客整理に駆り出されているので
その姿を見にいく予定だったのに
すっかり忘れていました


★気を取り直して、お餅を焼いて、おかゆに入れしました。
お餅大好き、元気のもとです

おかゆの塩味と焼いた餅の香ばしさが
とてもよく合います

肉みそ、鮒ずし。日の菜の漬物

どれも味が濃いので、おかゆにぴったりです

★え、七草茶って? 興味津々♪
いただいてすぐに淹れました

爽やかです。紫蘇の風味がします

緑茶の中に混じっているのは
七草の塩漬だそうです。紫蘇の表示なしです

香料と書かれているので
そのあたりかな


夕方、原稿の直しが添付で届きました
17日に戻さなければならないハードスケジュールです
昼間、よく眠ったので、がんばれそうです。それにしても
明日から17日まで、他に予定を入れいなくて
よかったです


「全体的に、とても面白い物語に仕上がりました
今回の調整がすめば、さらにわかりやすくなるかと思われます」
編集さんの飴と鞭。厳しくも、ありがたいお言葉です


1月13日(土)「童話塾実行委員会」
★まあ、うれしい♪ 遠くの仲間が、名前シールを誂えて、送ってくれました。
郵便物の差出人のところに貼るようです

わたしは郵便物に
名まえだけ書いて、住所を省くことが多いので
気づかってくれてのことでしょう

かわいいイラスト入り、3種類あります

めちゃくちゃうれしいです♪

★童話塾in関西の実行委員会がありました。昨年の反省会と、今年(第八回)の企画会議です。正式には、5月の総会後の「児童文芸」や協会のホームページでご案内します。いい勉強会になりそうです。
遠目に、(危ない!)と思いました
橋の欄干に人がしがみついているように
見えたからです。近づいてみると、橋の一部でした

八瀬から寺町三条の天性寺まで歩きました

どこまでもぬかるんでいました

歩きすぎは、よくない
★他にも招き猫がいたはず。
あちこちに分散していtげいたのを
ひとつ、ひとつ集めていると

やってきたのは、はてな

あ、落としてしまいました。「あ」というわたしの声で
とんできたのは、あんどら。目をつけられたので、いったん解散

夜、再び、全員集合をかけたら

これだけ集まってきました。一番大きな
招き猫は、貯金箱。とても食いしん坊で、小銭をたらふく
食べていて重量級でしたが、東北の震災の時に
いの一番に活躍してくれました


1月12日(金)「冷え込んでいます。朝、室内で5度でした」
★三日目のおでんは、よく味が沁みています。

里いもこっくり、大根とろり

アップしそこねましたが
炊いたときはこれだけ種類がありました

竹輪、平天も大好きです

★午後から、出かけました。雲間からもれる光があまりにも神秘的なので、じっくり眺めたくてバスを降りました。
修学院の橋の上

鴨川の向こうに広がる南の空です

八坂神社のお参りしました

療養中の友人の快復を願って
お守りを授かりに

こちらは、四条の橋の上

もうすぐ日が暮れようとしています

★昨日、仏さまにお供えしたたい焼き、トースターでカリカリに焼きました。


あんこびっしりです

ほどよい甘さで、あずきの味もしっかりします
もう一枚、さつまいものあんも食べました
おさがり、怖いです

1月11日(木)「たまごまごまごの日」
★耳鼻科の診察が午前中なので、早く家を出ました。名まえを呼ばれて診察室に入ると、丸椅子がいくつも並んでいて、中にも順番を待っている人が6、7人、洗浄機や吸入機をかけている人が3、4人います。

待っている間に医師と患者さんのやりとりが聞えて来ます。医師は、高く上げた椅子に座った患者さんの症状を的確に聞き取り、対応しています。ずっと立ったままです。診察は2回。来た時と、鼻を洗浄して、鼻とのどに吸入したあととです。

医師は患者がわかる言葉で症状を説明し、治るまでどれぐらいかかるか、現在治療中の人には、「よくなっていますよ」とか、「もう来なくていいですよ。薬だけちゃんと飲んでおいてください」など、患者ごとに、見通しをきっとり伝えています。

わたしの咳き込む体質を、カルテを確認しつつもしっかりわかってくれている感がして、安堵します。
薬は、1種類は7日分ですが
あとは4日分

様子を見る程度にしか出ないのが
更に信頼感につながります

★「たまごまごまご」のあと、飲み会に流れました。ほぼ定例です。その後、近場の人とは2次会へ。
立ち食い寿司屋さん
獺祭があったので、飲んでしまいました

バスが1時間に1本の時間帯になってしまったので
荒神橋まで歩きました

バスの中で、うーがにショートメールを送ったら

こんなメールが返ってきました
癒しです

★帰宅。わ、なんだ! 土が散乱。
シカ……だよね?

葉牡丹3株、ごっそり食べられていました

葉牡丹の鉢は
50〜60センチの高さに置いていたので
お誂え向きだったのかも

どうせなら
食べているところが見たかった

1月10日(水)「十日戎」
★子どものころ、おじいさんに教わって歌った十日戎の歌があります。口移しで覚えたので歌詞は正確ではないかもしれませんが、書きだしてみて、縁起かつぎだとしても、ずいぶん欲どおしいなあと思いました。
♪十日戎の売り物は
金(かね)袋に取り鉢、銭が増す 小判に金箱
立て烏帽子 取り出す才槌 小金の槌
お笹を掲げて千鳥足♪

しかも酔っぱらっている。こりゃ景気よさそう

笹には、今も、庶民の願いが吊るされて
いるのですね

★整体に行きました。きちんと施術してもらったのは2か月前。歪みが出ていました。だろうなと、自覚していました。背中が全体に張っていて、右腰も重くなっていました。のどもいがらっぽくて咳が出始めています。思えは、昨年の10月末に耳鼻科を受診して、薬を出してもらったおかげで、咳が止まっていました。咳き込みが始まって改めて思います。この2か月、ずいぶん楽でした。
一見、いわくありげな石ですが
ただのコンクリートです。周りに水たまりが
出来ていて、その中を歩いた人が

この石を踏みながら通ったのです
つまり、靴の裏のスタンプです。左上の
かすれた足跡が、わたしのです

★ゆでたまご、うまくむけませんでした。あとで調べても仕方がないのですが、冷やすのが一番だそうです。もちろん、わたしもすぐに冷水につけたのですが、大根や里芋をむいて茹でたり、他の素材を準備しtれいるうちに、たまごを浸けた水が、お湯になっていました。

7個茹でたのですが、2個はもっとひどく
その場で、食べました

★合評作品を、読んでいます。作品の感想だけなら一言ですませることができるのですが、それぞれが目指しているとことにたどり着くために読み込むことは、とても時間がかかりるし、何をアドバイスすればいいか探り出すことは、疲れます。長年、わたしの教室に通っている人たちの作品を読みつつ、がっくりくることもあります。本当は自力で、探り出す力をつけるのがわたしの役目だとしたら、わたし、本当に役立っているのかなと空しく思い、落ち込んでしまいます。このままでいいのか……。いいわけがありません。明日は、みんなで話し合おうと思っています。

1月9日(火)「羽根布団を洗うことに」
★お正月、ねこがベッドの上でしくじりました。たっぷりのおしっこ。肌かけ用の薄い羽根布団まで沁みました。肌がけふとんは捨てました。が、上掛けの一枚は、国内洗浄のダウン97パーセント、ウェザー7パーセントの上質なものなので、洗ってみることにしました。空気がなかなか抜けなくて大変でした。

水を含むと重い……。重労働
バスタブから引き揚げて、水分を絞り
二回すすいだあと、脱水機にかけました
匂いはしませんが、念のため
もう一回洗い、同じことを

乾燥させるのが、もっとたいへんでした
洗濯機の乾燥機で10数時間、衣類乾燥機で数時間
あとはストーブで乾かしながら、だんごのように丸まった
いくつもの塊をほぐしながら、元通りにふわふわ
にさせるまで、一日仕事でした

合間に、パソコンに向かえば、じゃまをするねこたち
三つ巴の時もあります。 こまめに保存して
おかないと大変なことに

追っかけあいをするたびに
毛が舞い上がります。こまめに掃除機をかけ
拭き掃除(更にするようにします)

わたしのいるところが好きなんです

爪を磨がれぼろぼろになった家具や、柱ふすま
棚から落ちて割れる什器
  
目が離せられないトイレの処理
フードの買い出し……

それを遙かに上回るかわいさ、愛おしさ
ねこと暮らす幸せ感

★芋がゆに、一個お餅を入れました。とろとろです。

温まります

★次女の手土産の中に、こんなものもありました。

コロはスポンジのようにからからです

おでんに入れようと戻しました

今日は、ふとん乾燥に時間を取られ
買物に行けませんでした。明日、炊こう


1月8日(月・祝)「成人式」
★わたしにとって、成人式といえば1月15日です。子どもの頃、祖父が天皇誕生日を天長節と言っていたり、新嘗祭や紀元節がどうのこうのと言うのを、(変なの)と思っていたのですが、いったん頭に刷り込まれたものは、容易に替えることはできないのよね。すっかり昔人間になりました。

昔人間でもルンバは使います。昨年、バッテリーを取り替えてもらったのですが、元気がありません。充電したらすぐに使わないと、いつの間にか放電してしまうようです。
使う直前に充電して

すぐに使ってみたところ、けっこう長い時間
働いてくれました。すっきりしました

★焼いたお餅にウニと、鮒ずしをのせて、海苔に巻いてたべました。
日本酒を飲みたくなるおいしさです

うにも、鮒ずしも、海苔も、いただきものです
ありがとうございました

お餅だけでは、たりないので
お茶漬けも

昨日、北野神社の帰りに、昆布屋さんで
買いました


★洋服かけの上の棚にも、ねこのベッドがあります。脚立を伝ってよくあがっているのは、シロップ。
中には、なかなか入ってくれません

今もいます。どこに?

上にのっかっています

今日は、よく仕事をしました
昼間ぱらぱら。22時から、朝方の5時まで
ねこたちが眠っている間に
集中しました

1月7日(日)「お守りを授かりに」
★七草かゆを食べた後、うーがのところに、忘れ物や洗濯物などを届けに行きました。
ほうれん草、ごぼう、大根、しょうが
ニラ、ねぎ、ゆずのもどきです

もち入り、塩味です

昨日、狸谷山不動院で受けたトイレのお札も

美人になるというので
うーがの 家のトイレにはる方がいいかな

うーがはお友だちと約束があるそうなので
ママと北野の天神さんに詣でました

お守りを受けました

教室の生徒さんの
背中を押すためのお守りです

うーがには学業のお守りを

梅、もうほころんでいます

「瀬をはやみ」の石碑があるのは

直ぐ近くの白峯神宮
嵩徳天皇がお祀りしてあるからです
ここは、蹴まりが受け継がれていてスポーツの神さま
として知られています。著名な選手たちが
さまざまなボールを納めています

ママも歩くのが好きなので
あちこち寄り道しながら散策することにました
御所を烏丸から照れ町まで
通り抜けました
★前から気になっていた喫茶店で休憩しました。カフェラテは、ボールで出してくれました。ケーキは売り切れでしたが、試食させてくれました。

たっぷりあって、温まりました

ここで別れて
わたしは、出町柳まで歩きました
13000歩でした

ママは、このあと
天性寺に墓参してくれたそうです
うっかりでした。いっしょにお参りすれば
 よかったです

★はてなの爪を切りました。わたしのひざで、まったりしていたタイミングで、
手の届くところに爪切りがあったので
すんなり切らせてくれました

あんどらは、年末に切りました
シロップは、むずかしいです


1月6日(土)「そうだ、今日はハイクだった」
叡電ハイクに便乗して、狸谷山不動院に初めてお参りするつもりだったのですが、忘れるところでした。お正月に増えた体重をなんとか元に戻さなければ。9日が締め切りのプロローグや、昨日取材したノンフィクションのあれこれについて脳内思考するのに、歩くことは、とてもいい時間です。
一乗寺公園を9時半から10時半に
各自スタートです。にそって歩きます
ひとりで来ている人が多いです

いきなり西方に向かい
疎水分線(高野川)を越えました
方向が正反対です???

松ヶ崎の住宅内を歩き
大文字の「妙」と「法」の山の間にある
大黒天(妙円寺)に参拝する
……ようです

これはうれしいです



境内でおそばをいただきました

200円。お安いのでしかたがないのですが
ひと口食べて、やめようかと思いました。おじいさんがひとりで
賄っているので、残しては申し訳ないと思い、しぶしぶ
すすっていると、だんだんおいしくなってきて
お汁まで飲んで、完食しました

寒空にみみずが……
このままでは、踏まれるか、凍死

枝で掬って、階段脇の枯葉の下に
移動させました。ご無事で

ここからは東に向かいます
高野川を渡り、叡電の踏切を越えます
レトロな車両と出会いました


音羽川を渡り、修学院離宮を横目に見て
どんどん歩きます。曼殊院、詩仙堂を通ります

サンシュユ(山茱萸)だそうです

何だろうとつぶやきつつ写真を撮っていたら
追い越して行った人が教えてくれました

住宅内に一つ目の信号が


民家にポスター乱貼。いいのかな


畑のお道具箱


いよいよ狸谷山不動院です

ここまですでに急な坂道だったのですが
ここから250段の階段があります

この表示、親切なのですが

辛いです

迎え弘法さんの足には
小さなわらじが


ご本堂に辿りつきました

本来は、ここから、瓜生山(奥ノ院)の山道を登り
山道を降りるコースなのですが、雨後のため滑るので
中止になりました。あとは来た道を、一乗寺まで
引き返すだけです。残念です

一乗寺から八瀬まで、歩きました
ここからは買い出しです。仏さまに、おまんじゅう
ねこにフード。洗濯用洗剤。野菜。リュックは
パンパン。けっこう重いのですが

大黒天で食べたおそばが
体を温めてくれて、とてもいい感じに
歩けました。三位を更新♪

夜、友人から電話があり
歩きすぎはよくないという流れになりました
そうかも。ほどほどにしよう

帰宅後、お風呂に入り
おせちの残りで日本酒を

食後におさがりのいちご大福と
亥の子餅。そして昼寝。これでは体重は
元の木阿弥です


1月5日(金)「取材のため大阪へ」
★ボールペン、どれもこれも書けなくなりました。というか、とっくに書けなくなっていたのですが、書き始めは少しインクが出るんです。あ、出ない……。そして、別のを使う。あ、これも出なかったんだ……の繰り返しでした。捨てればいいのに、捨てられなかったのは、 ボールペンは、大切な相棒だからなのかな。
今日は取材なので
インクの出ないボールペンが混じっていると
困ります。思い切って整理しました

いっしょに考えてくれて、ありがとう
ゴミにするのは忍びないです。リサイクル。電池のように
回収ボックスがあればいいな

「松の内ですから」
と、取材先で、さくら茶を出していただきました

とても楽しい取材で、あっという間に3時間♪

わっ、「となりの人間国宝さん」だ
初めて手に取りました

巷では羨望の認定書なのに
薄っぺらい紙なので、ちょっとびっくりしました
もう少し、いい紙を使ってほしいです

★住吉公園から見た夕日。駅の反対側は、住吉大社です。参拝したいところなのですが、灯りを点けてこなかったので、帰りを急ぎました。

ねこたちが不安に思っているかも

★叡電は、赤い消防車仕立てでした。八瀬駅に着いたら、もう真っ暗。風が冷たいです。

家に帰ると、迎えに玄関に来たのは
シロップだけ。はてなもあんどらも、こたつの中で
ぐっすり眠っていました。正月疲れでしょう


1月4日(木)「われ鍋にとじぶた」
★……になってしまいました。ねjこたちが追っかけあいをして、ごはん用の土鍋の外蓋を落として割ってしまいました。外蓋でよかったです。中蓋は穴がふたつあるので代わりがありませんが、一穴の外蓋なら、鍋焼き用の土鍋の蓋が使えます。
なんとまあ、ぴったりです

いつものように、おいしいご飯が炊けました
今朝は、とろろごはんと、豚汁でした

★朝7時発のバスで、年賀状を出しに行きました。雪です。
みんなきれいに薄化粧。そこで一句

雪冠に安堵している犬の
(飼い主さん、犬も恥ずかしがっています
ちゃんとお持ち帰りくださいね)

「踏切危険」の表示がありますが

今朝は、「凍結危険」です

踏切が鳴ったので
スマホを構えて待っていました
やってきたのは

え、前だけ赤い車両って?

やっぱり消防署車両でした
このパターンは、初めて見ました

真っ赤のも、パトカーもあります

★年賀状ですが、今日もまたたくさん届きました。目上の方や、仕事関係の大切な方からも届いていて、あとから出すのは失礼なことだと思いつつ、お許しいただきますようにお願い致します。それにしても、1月1日に投函された年賀状が、4日に届いたということは、今日書いたわたしのはがきは、いったいいつ届くのでしょう……。100枚では足らなくなり(うーがたちの残りももらったのですが)、買い足しました。ありがたいことです。
家族はみんな帰って行きました
いいお正月でした

今朝、慌ただしく書き初めをしていたうーが
筆で書いたような雲です

バスに乗って、年賀状を出しに行きました
本日二度目です

雪は、朝の内だけで、すっかり融けていました

この踏切ですが
朝は、こんなでした

滑らないように歩くのは、たいへんでした
「15000歩」歩いたよ

ひと眠りして、復活しました
編集さんから初メールがありました。お休み中も
原稿を読んでくださっていたのですね
ありがとうございます

わたしも、がんばります
やっと仕事モードに入りました

本年も、どうぞよろしくお願いいたします


12月3日(水)「うーがは楽し」
★雪が散らついています。
比叡山は、薄化粧

積もるほどではありませんでした

★鮭のかす漬けを焼いて、なんとかお重を整えました。

ちょうどいい量だったのかな

今朝は、アンコールで
白みそのお雑煮でした

★「雪だ♪」。
うーがのふーが

それにしても、八瀬の駅は、ひっそりです

今日は、ママと3人で深草にある市民霊園に
墓参に行きました

帰りには、いつものように
じいじが好きだった東華菜館でごはん

右端の建物がそうです

スマホの使い方、うーがが教えてくれました
めんどうくださがらずに、ていねいに

待ち受けが変って、うれしいな


1月2日(火)「人口&ねこ密度最高」
★ふつかのお雑煮は、白みそ仕立てです。鶏肉や野菜も入っています。
お重は新しく詰め替えました
だらだら食べている間に、お昼になりました

うーがは、将来何になりたいか
今は特にないそうです。「うーちゃん、小さいころ
      ○○になりたいと言っていたよ」。あばの言葉に     
みんなで大爆笑。「かわいすぎ♪」

★これ、スポンジなんです。次女がくれました。キッチンリースにどうでしょう。


ハンガー式のねこ台
けっこうしっかりついています
千客万来です

問題は;カーテンが閉められないこと

覗きこまないとだれがいるのかわかりません

中は広いです

ここはシロップのお気に入りです



トンネルをつくってやりました

お義理で数回通り抜けてくれた程度です
★夕方、おすしを食べに行きました。

うーがは、あばに似ています
ママも、うーがを見た瞬間、妹……と
思うことがあるそうです

帰り、お月さまがきれいでした

往復6000歩。初歩きでした


1月1日(月)「明けましておめでとうございます」
★本年も、みなさまの上に、いいことがいっぱいありますように。
お年賀にいただきました、招きねこ♪

とんぼのいろはがるた更新しました
よろしかったらどうそ

ドアギャラリーも始まります

すてきなカードを
ありがとうございます、このうち2枚を
ドアにはさみました

★期待していた老舗のお重が、ありきたりのものになっていました。100パーセント手づくりに戻ろうかな。

だらだら食べて、飲んで
テレビを観て

芋棒とは、棒だらと頭芋を炊いたものですが
わたしは、小芋と炊きました


1日のお雑煮は、おすまし


★改装したハウスにすっかりなじんでいます。



サルと対面したのは、あんどらだけ

空き家だった、ここにいることも

こたつは天板をおいて、人間が占拠中だもんね

次女のお土産は地球規模

おフランスのリップスティック♪
オレンジ・ピンク、赤。うーがとママと分けました♪
「何色にする?」 ばあばだって女子

家族は全員集合で4人
うーがのお年玉は3袋のはずですが
6袋ももらいました。ひとつは天国のじいじから
わたしの気持ちですが、そのわたしに次女からのお年玉
今年はふた袋も……。じいじの分だそうです
「お供えに使って」。ありがとう

★年賀状、プリントミスが見つかりました! 刷り直しです。とり急ぎ、買ってきました。

新年早々、いやはや……





沢田俊子著作紹介


単行本

めざせ
スペシャルオリンピックス
世界大会!
文研出版
 
目の見えない子ねこ、
どろっぷ
 
講談社

青い鳥文庫
盲導犬不合格物語
講談社


さとうきび畑の唄67777777」

改新版
ノベライズ
原作遊川和彦
汐文社

クマに森を返そうよ
  
汐文社 

イエローカードは ん
ぼくらの旗印
ずいぶん歩いたと思ったのですが8000歩ほどでした。 
京都新聞
出版センター

小さな島の小さな学校
 
汐文社

七頭の盲導犬と
歩んできた道
 
写真 野寺夕子
学研教育出版


とんがり森の魔女
講談社

スペシャル・ガール
:
汐文社
引退犬命の物語
小山るみこ
学研


おしゃべりな毛糸玉
小泉るみこ絵
文研出版



シャイはどこへ行った?
ノンフィクション
創作
汐文社



誰よ
りもママを愛す
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
命の重さはみな同じ
野寺夕子写真
ノンフィクション
学研
ぼく、がんばったんだよ
ノンフィクション
汐文社
とらちゃん つむじ風
長谷川 知子絵
創作物語
文研出版
行こうぜ!サーカス
ひろのみずえ絵

ノンフィクション

創作物語
汐文社
盲導犬不合格物語
ノンですフィクション
学研
さとうきび畑の唄
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
アイディア料理は
風太におまかせ
なかにしけいこ絵
創作物語
汐文社
おじいちゃんと
ぼくのがんこ合戦
岡野淳子絵
創作物語
汐文社
ひいばあちゃんはごきげん
ぼくはふきげん
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
まんざいでばんざい
ひのもとはじめ絵
創作物語
学研
はちゃめちゃ大家族
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
灰色バス変身大作戦
長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社
モモイロハートそのこリュウ

長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社


    
アンソロジー一覧


雑誌掲載一覧


新聞連載・記事



教科書・教材