2021 2020 2019
2018 2017 2016 2015 
2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 
2005 2004 2003








1943年生まれ
羊年・B型・さそり座
48歳で童話教室に通い始め
54歳で単行本デビュー
78歳の現在に至る

日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ




たまごまごまご  6/9



シロップ(メス)

2013・7月生まれ


はてな(オス) 

2014・5月生まれ

あんどら(オス)

2016年1月生まれ





日本児童文芸家協会
日本ペンクラブ
日本サービスドッグ協会
日本ライトハウス盲導犬訓練所
ハッピーハウス
木下サーカス
SONIC
日本熊森協会
工房スイーピー
レイライン 
yuka on safari 


★個人リンクは相互リンクで
★一年以上更新がない場合は
いったんリンクを
外させてもらいます
★広告掲載が 目立つものは
リンク不可です

日本児童文芸家協会つながり
(順不同)
うさこのひきだし
ピッポ・ポおはなし村
光丘真理のホームページ
River Angel’s Site
金亀苑
どじょう日記
ささきあり、今日もいい日
サッカとザッカ
雲の行き先
森川成美の創作日記
チハルだより
深山さくら


創作つながり

はりねずみが眠るとき



 




2022年7月

7月4日(月)「通信障害に思う」
 
★近刊『サバンナで野生動物を守る』(講談社) 本ができるまで④ 

ノンフィクションは、写真が大切です。希望の写真が使えるかどうか、他にもっとふさわしい写真があるかなど、掲載写真については、すべて編集さんが交渉してくれました。現地で活動中のゆかさんとは、すれ違いが多く、交渉は大変だったことと思います。
ゆかさんが写した写真たちは

どれも魅力的です

編集さんから候補写真のコピーが届きました

余白に、どのページに使うか
など
コメントが入っていました

みんなで40枚近くありました

そのうち使われたのは、あれと、これと、それ
掲載時にはモノトーンですが、サバンナにいる野生動物の
表情や、現地での様子がリアルに伝わってきます
(⑤に続く)

★ムラサキ色の煮込みですが、今日は、トマト味にしました。

友人の荷物の中に入っていたトマトピューレを使いました

生のトマトも入れました

ウスターソースをちょっぴり入れると

ハヤシライス風の味になりました

キーウイ、スイカ、晩柑をくりかえし食べています


りんごの炊いたんは、これでおしまい

整体で、「少しやせましたよね」と
いわれました。健康のままあと2キロ……
中性脂肪を落とすためです

★ときどきベランダにカニがいます。裏山に山水がわいている沢があるようです。ご近所のお宅では、ちょっと前まで、山水を引いていたと聞いたことがあります。逃がしてやろうと近寄ったら、ハサミを振り上げました。
片手だけが大きなハサミの沢ガニです

火ばさみで挟んで、植え込みの中へ
「沢へお帰り」

通信障害はもちろん
携帯電話を紛失することもあるので
家電(固定電話)離れに不安を感じていました
公衆電話のかけ方を知らない人が多い中
緊急時の連絡はやはり家電かな




 
7月3日(日)「わずか10分足らずの停電に思う」
 
★今朝は、カレーを食べよう。ひとり暮らしは、気ままなものです。 


牛ミンチを炒めつつ、ナスも入れようと思いつきました

フライパンの中はムラサキ一色

半分だけ、カレーにしました

できあがりは、普通のカレー


一塩してあったスイカの皮はピクルスに

カリカリとして、グッドです

昼は、残ったカレーを出汁で割り
カレーうどんに
 



南アフリカのサバンナでの野生動物状態はそうだとして、世界的にはどうなのでしょう? 校閲さんが具体的な数字を調べて、提示してくれました。絶滅危惧種という言葉についても、各機関でそれぞれのランク分けがあって使う言葉が違うので、子どもたちが誤解しないように慎重に選ばなければならないなど、様々な所で丁寧なチェックが入りました。
地図も、わかりやすくデザインされました

訓練ツアーのスケジュールは
「表にしましょう」と編集さんのアドバイスがあり
楽しいページになりました(④に続く)


 
★停電! 叩いていたパソコンの画面が消えました。あっという間のなく、部屋から音と光が消えました。静寂。ねこたちが、微動だにしません。夕方だけれど、雨天なので、薄暗いです。 いざというときに用意しているろうそく、試しに点けてみました。
ろうそくは倒れないように
蝋を垂らして、しっかり立てておかないと
すぐに使えないことに気づきました


タッチするだけで点く灯かりを
100円ショップで買って一個はトイレに

もう一個は、どこだっけ?

懐中電灯は、いざというときのために
あちこちに吊してあるのですが、暗闇の中、とっさに
思い出せるかどうか

時々確認しなければ



7月2日(土)「おとなりさんの近況♪」
 
★冷蔵庫で干していた大根、いい具合にしわしわになったので、短冊に切って、炊きました。 

干した大根は、出汁をたっぷり吸うので

しっとりおいしいです

食べられるだしじゃこをいれました

ナスの味噌煮、納豆


激辛塩鮭、めちゃ旨なんです

小さな一片の
そのまたかけら(左)だけで
口の中は、おいしさでいっぱい♪
本物の塩鮭です

 朝ごはんを食べて、眠りました
体がだるいのは、昨日受けた整体のせい
いえ、おかげです。回復の過程のだるさのようで
昼食後も、また眠りました。大丈夫……?
夕方、体が軽くなっていました


★近刊『サバンナで野生動物を守る』(講談社)本ができるまで②

コロナウイルスのために、南アフリカを訪れる観光客がとだえ、太田ゆかさんは、ガイドの仕事ができなくなりました。(コロナ渦でもできることが、きっとあるはず)。ゆかさんのチャレンジ精神と、ひらめきの結果……。コロナ渦の貴重なノンフィクションです。
現地に行けないわたしに、ゆかさんは
とっておきの映像を、見られるようにしてくれました
会って話が聞きたい。質問したい

そんな中、チャンスが来ました
ゆかさんが、日本に一時帰国することに
なったのです。2021年12月、オミクロン株発生直前に
無事帰国。PCR検査をすませたゆかさんと面談できるように
編集さんが、出版社の会議室を押さえてくれました
第一稿をたたき台にして、更に取材

7月の出版に向けて今後の予定なども
この日、具体的に決まりました

本の扉の写真は、この日
講談社の中庭でカメラマンさんによって
撮影された一枚です(③に続く)

★おとなりさんから、梅ジャムと、旅行のお土産が届きました。
打豆、ずっと前に新潟のものを
もらったことがあります。なつかしいです

梅ジャム、今すぐ食べたい♪

りんごのはちみつ煮と
晩柑のママレードもあります

梅ジャムは酸味と風味が抜群
晩柑は、ほろ苦さと香りがたまりません
りんごは、甘くてシャキシャキ

おとなりさん宅に
保護ねこが来たそうです
うれしいな

ぜひ読んでほしい2冊を、お返しに

保護ねこ、保護犬の輪が
どんどん広がっていきますように

 

7月1日(金)「暑さの中しぶしぶ整体へ」
★朝は、くだもので水分補給。


もち麦パンにりんごの炊いたんをのっけ


もうひと切れには、納豆をのっけました


★近刊『サバンナで野生動物を守る』(講談社)本ができるまで① 

主人公太田ゆかさんのホームページをリンクしました。ツイッターもフェイスブックも、ここから見ることができます。本の中でも紹介しているバーチャルサファリ―の参加申し込みもできます。また、野生動物の保護のためのクラウドファンティングも、そのつど、アップされます。
「こんな人がいますが、本になりませんか?」
というメールもらい、繋いでもらったのが昨年の7月です
メールで、自己紹介をしあったものの、遠く離れた南アフリカで
活動中のゆかさんの前に、時差だけではなく、コロナが
立ちはだかっていました。そんな中でどのように
取材していけばいいのか……

第一段階として、編集さんが
時間無制限のZOOMで、アフリカにいる
ゆかさんとつないでくれました

ゆかさんがいるサバンナって
どんなところなのか、サファリガイドの仕事って
どんなことをするのさろう。ゆかさんはすでにテレビなどの取材も受け
いろいろな記事をネットでみることができました。が、同じような
ことを書きたくはありません。わたしが、ゆかさんお通じて
子どもたちに伝えたいことって、なんだろう

この時点では
まだ漠然としていました(明日へ続く)

★整体に行きました。めちゃくちゃ暑い日に、でかけるのはおっくうでした。厄介だった左腕の痛みは、完治したといえないまでも、遠のいています。行きたくないなと思いつつ、予約していたのでしかたがありません。

バスを降りて10分ほど歩くのですが
すでにうだりそうです。バス停の前のパン屋さんに入り
冷たいコーヒーとクッキーで体を冷やしました

糺の森の中は、木陰です

いつもは、ひんやりしているのですが……

施術を終えたら5時

地面はまだ燃えています

歩く気にはなれず
木の下に隠れるようにバスを待ちました
涼しいバスの中は天国です

お、長い間ロープが張ってあって
一番前の席が、座れるようになっていました

これはうれしいです。でも
だいじょうぶかな

帰宅後、頭が痛く、体もだるい
もしかしたら、もみ起こしかな。もみ起こしは
好転の兆しのようです。軽い熱中症かも
めっぽう暑さに弱いです

水分をたくさんとって

夕はんは、冷たい緑茶でお茶漬けですませました




沢田俊子単行本 
近刊

サバンナで野生動物を守る


 講談社
 


犬たちよ、
今、助けに行くからね



講談社

盲導犬引退物語
講談社 青い鳥文庫



犬の車いす物語



講談社 青い鳥文庫


もっともっと、速くなれる


新日本出版社
     

 
助かった命と、
助からなかった命

学研

 
Gakken


めざせ
スペシャルオリンピックス
世界大会!
文研出版
 
目の見えない子ねこ、
どろっぷ
       
講談社

盲導犬不合格物語

講談社 青い鳥文庫


さとうきび畑の唄

改新版

ノベライズ
原作遊川和彦
汐文社

クマに森を返そうよ
  
汐文社 

イエローカードは 
ぼくらの旗印

京都新聞
出版センター

小さな島の小さな学校
 
汐文社

七頭の盲導犬と
歩んできた道
写真 野寺夕子
学研教育出版


とんがり森の魔女
講談社 青い鳥文庫

スペシャル・ガール
:
汐文社
引退犬命の物語
小山るみこ 絵
学研


おしゃべりな毛糸玉
小泉るみこ絵
文研出版



シャイはどこへ行った?
ノンフィクション
創作
汐文社



誰よりも
ママを愛す
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
命の重さはみな同じ
野寺夕子写真
ノンフィクション
学研
  ぼく、がんばったんだよ
ノンフィクション
汐文社
とらちゃん つむじ風
長谷川 知子絵
創作物語
文研出版
行こうぜ!サーカス
ひろのみずえ絵

ノンフィクション

創作物語
汐文社
盲導犬不合格物語
ノンフィクション
学研
さとうきび畑の唄
遊川和彦:原作
ノヴェライズ
汐文社
アイディア料理は
風太におまかせ
なかにしけいこ絵
創作物語
汐文社
おじいちゃんと
ぼくのがんこ合戦
岡野淳子絵
創作物語
汐文社
ひいばあちゃんはごきげん
ぼくはふきげん
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
まんざいでばんざい
ひのもとはじめ絵
創作物語
学研
はちゃめちゃ大家族
粟田伸子絵
創作物語
汐文社
灰色バス変身大作戦
長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社
モモイロハートそのこリュウ

長野ヒデ子絵
創作物語
汐文社


    
アンソロジー一覧


雑誌掲載一覧


新聞連載・記事



教科書・教材

公募入選歴